2020-06

ブログ

【ブログ初心者目線】ブログ執筆がはかどる方法

どうも、アハブログです。ブログ初心者の私がこれまでによく直面した悩みは「なかなかブログ執筆に集中できない」ということでした。仕事と違ってブログは自宅で行うことが多いため、自分の身の回りに娯楽(スマホやゲーム)が多く、なかなかブログだけに集中しづらいんですよね。そこで、今回はブログ初心者が見つけたブログ執筆がはかどる方法を紹介していきます。
スマブラ

【スマブラSP】実力差があっても友人とスマブラを楽しむ方法

スマブラは気心の知れた友人と対戦したりすると楽しいですよね。ただ、この場合に多いのは友人との間で実力差が生じてしまいやすいということです。そんな時は「実力差を無くす」ことでお互いに楽しむことができるようになります。詳しくは、記事内で解説していますのでぜひ見ていってください!
スマブラ

【スマブラ】空ダって何??スマブラ初心者が簡単に空ダを紹介

スマブラには様々なテクニックが存在しますよね。そんなテクニックの中でも、特に有名なものの一つに「空ダ」があります。私は、スマブラを始めたばかりの頃に「空ダ」について軽く調べたことがあります。ですが、正直よく分かりませんでした(笑)なので、今回は初心者にも分かりやすく「空ダ」について紹介していきたいと思います。
スマブラ

【スマブラ初心者向け】着地できない?相手に浮かされた時のお手玉回避方法

スマブラにおける「お手玉」って知っていますか?一度相手を浮かせた後に、そのまま追撃し続けて相手がなかなか着地できないようにすることを「お手玉する」と表します。こちらの蓄積ダメージが低%の時などは、確定コンボとしてキメられることもよくあると思います。初心者の場合は、一度お手玉されてしまうとなかなか抜け出すことができなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで、本記事ではお手玉状態を回避する方法について紹介していきます。
スマブラ

【スマブラSP】ガノンドロフが初心者によくおすすめされる理由

スマブラSP初心者によくおすすめされるキャラの1人がガノンドロフです。操作が単純で使いやすいのですよね。けれどそんなガノンドロフでも、使用者がガノンドロフの良さ・強さを理解していないと、上手く使いこなすことは難しいです。そこで、ガノンドロフのどういった所が理由で初心者におすすめされるのかを解説していきます。
スマブラ

スマブラ初心者がやりがちな行動

突然ですが、あなたはスマブラ初心者と中級者以上とでは何が違うと思いますか?「世界戦闘力〇〇以上」「掴みを通せる人」などいろいろな意見があると思います。初心者と中級者とで明確な線引きがされているわけではないので、何をもって初心者とするのかに正解はありません。ですが、一般的に言う「スマブラ初心者」には立ち回りにある程度の共通点が存在すると私は思います。本記事では、スマブラ初心者がやりがちな(あるいはやらながちな)行動とその対策について紹介していきます。
スマブラ

初心者がスマブラの楽しさを理解しづらい理由

スマブラは初心者には難しいゲームだとよく言われています。アクション系の格闘対戦ゲームゆえにプレイスキルが直に反映され、初心者からするとあまり楽しむことができないゲームとして思われるかもしれません。けれど、それは「スマブラの楽しさ」に気づけていないだけなのです。本記事では、初心者でも楽しめるスマブラの魅力について紹介していきます。
スマブラ

【スマブラ初心者向け】ドンキーで脱逆VIP!ドンキーのリフティング紹介(これさえマスターすれば勝てる)

どうも、ドンキー使いのアハブログです!あなたはスマブラでドンキー使ってますか?私は、ドンキー使ってすぐに逆VIPにまで落ちていました。ですが、あることを意識してプレイするようにしてからは安定して勝ち進み、世界戦闘力も500万前後まで上がりました!本記事では、私がドンキーを使う上で行ったコツを紹介していきます。
スマブラ

【スマブラSP初心者向け】レベル9CPUは何故強い?打倒レベル9CPUまとめ

スマブラSPのCPUのレベル9ってかなり強いですよね。私が初心者としてスマブラSPを始めたての頃は、全くレベル9CPUに勝てませんでした。CPUレベル9は、スマブラ初心者に立ちはだかる「最初の壁」であると思います。本記事ではそんなレベル9CPUの特徴と倒し方について解説していきます。
スマブラ

【スマブラ初心者向け】掴みを通す方法

スマブラにおいて掴みはめちゃめちゃ重要な要素です。掴みをマスターするだけでも急激にスマブラが上達します!とはいえ、こういった方も多いのではないでしょうか。「掴み使おうとしても全然相手のことを掴めない...」そこで本記事では、掴みを通す上で重要なポイントについて解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました